フランスのバスの看板の意味

フランス、パリのバスの看板の意味

 

パリに観光に来てメトロに乗る人は
多いけど、バスに乗る人は少ない

 

「なんで?」

 

と理由を聞くと

 

「乗り方がよくわからないから」

 

 

確かに、メトロよりもわかりにくい

 

でも

 

 

個人的にはバスはパリの景色を
みれるので好き

 

 

そこでバスの乗り方を紹介していきます

 

 

「L'arret de bus ラレ ドュ ビュス」

 

バス停

 

 

 

Busと書かれたスタンドがたっている

 

バスが来たら手をあげて
運転手に合図する

 

手をあげないと、バスが止まって
くれなかったりする

 

 

バスに乗るときは
「Bonjour」とあいさつをする

 

 

 

 

「Le temps d'attente ル タン ダタント」

 

待ち時間

 

 

 

上の画像のように待ち時間が
表示されるバス停もある

 

時間は分で表示される

 

 

画像の
Dans le Bus Je monte, je valide

 

「私はバスに乗ったら、払います」
的な意味

 

 

「Le plan des lignes de bus ル プラン デ リーニュ ドュ ビュス」

 

バス路線地図

 

 

 

 

バス停にはバスがどこを走るのか
路線の地図がある

 

 

地図に書かれている名前は
バスが止まるバス停の名前

 

 

赤くハイライトになっていて
”Vous etes ICI”

 

と表示されているのが
今現在いるバス停

 

 

写真の左側に大きく「84」と
書かれているのがバスの路線番号

 

その番号の下に書かれている
"Porte de Champerret"

 

が行き先

 

 

 

「Les horaires レ ゾレール」

 

時刻表

 

 


^

 

7、8月はフランスはヴァカンスで
バスの運行もこの時期は変わる

 

 

 

septembre a juin セプタンブル ア ジュアン

 

9月から6月までの意味

 

 

juillet ジュイエ

 

7月

 

 

aout ウト

 

8月

 

 

 

intervalles prevus アンテルヴァル プレヴュ

 

運行間隔

 

 

lundi ランディ

 

月曜日

 

 

merdi a vendrede マルディ ア ヴァンドルディ

 

火曜日から金曜日

 

 

samede サムディ

 

土曜日

 

 

 

Dimanche et jours ferie ディマンシュ イ ジュール フェリエ

 

日曜日と祝日

 

 

premier passage プルミエ パサージュ

 

最初の運行(始発)

 

 

dernier passage デルニエ パサージュ

 

最後の運行(最終)

 

 

バスの料金

 

 

 

バスでは上のような切符を買う

 

この切符はメトロ、ゾーン1のRER
トラム、バスともに共通で使える

 

 

バスは乗り換えなしで、
1回の乗車につき1枚の切符

 

 

"Un ticket, s'il vous plait" アン ティケ シルヴプレ

 

と言えば、運転手さんからも
切符を買うことができる

 

ただし1枚2ユーロと
カルネや券売機で買うより高い

 

 

切符は運転手の横にある
刻印機に差し入れて刻印する

 

 

たまに検札官が乗ってきて
切符をチェックしてくる

 

 

 

「Prochain arret プロシャン ナレ」

 

次の停留所

 

 

 

フランスのバスは音声での
アナウンスはしてくれない

 

その代わり、

 

写真のような掲示板で流れるので
次どこに止まるのかチェックする

 

 

降りるときは日本と同じように
手すりについている赤いボタンを押す

 

 

降りるときに、運転手がトビラを
開けるのを忘れている場合は

 

"La porte, s;il vous plait" ラ ポルト シルブプレ

 

「トビラをお願いします」

 

と言って開けてもらう