語学が伸びない時の特徴とは

語学が伸びない時の特徴とは

 

 

 

語学ができない人の特徴とは?

 

 

最近は、学習教材のレベルも上がって
映像やアプリなど便利になってきている

 

 

しかし、僕は最初のころは
いろいろな教材を買っては試しても
途中で断念してしまう人だった

 

 

 

思うように語学が伸びないときは
何が悪いのか。

 

 

 

僕が語学が伸びなかったときは
文法ばかりやっていたり
リアルなフランス語に触れていなかったり
アウトプットが少なかったり

 

 

 

僕が語学が伸びるようになったのは
1日に語学に触れる量を増やしたり
リアルなフランス語に触れるように
なってから

 

 

その結果、電車のアナウンスも
何を言っているのかわかるように
なってきた

 

 

 

実践しているけど、語学が伸びないのは

 

 

「量が圧倒的に少ない」

 

 

「文法だけなど方向性が間違っている」

 

 

「リアルな語学に触れていない」

 

 

この状態だと、昔の僕のように
どんなにがんばってもなかなか伸びない

 

 

しかし、逆にいえば

 

 

「量を今よりも2倍にする」

 

 

「文法だけではなくリアルな語学に触れる」

 

 

「音読などアウトプットを増やす」

 

 

これらのことを意識してから、
フランス語が聞き取れるようになってきた

 

 

 

昔の僕は、自分ではがんばっているつもりでも
まだまだ実践量が足りていなかった

 

 

 

未来を変えるためには、今を変える必要がある

 

 

 

少し意識するだけで、短い期間でも
本当に成長することができる

 

 

 

最初から質を求めるのではなくて、
量をこなすことを強く意識してみるといいですよ